高校野球の指導現場に永年従事し、育成に顕著な功労のあった責任教師・監督に贈られる「育成功労賞」の受賞式が15日、阪神甲子園球場内で行われた。全国49人の受賞者を代表して8人が出席。阪神甲子園球場で表彰を受けた。
 甲府工元監督で計8回(春3回、夏5回)甲子園に導いた原初也さん(71)は、「公立が私学に勝つために、ずいぶん厳しく指導し、鬼監督と言われたこともありました。でも、教え子たちはよくついてきてくれました。
それがあっての今回の受賞です。
幸せですね」と、喜びの表情を見せた。
 現在は、現場を退いているが、「もう一度、甲府工の甲子園出場を見たい。今はそれだけを願っています。

そのためには、できる限り協力をしたい」と、母校への熱い思いは、今も変わらなかった

トップに戻る






24年12月、笠松運動公園で行われた関東高校駅伝大会に出場した甲府工業選手の皆さん。
村上博靱